FXシステムトレードソフト:投資顧問のPAチャートで為替相場分析:FX投資顧問会社チャートマスター:【PAチャート】一流トレーダー並みのテクニカル相場分析を

ホーム > 投資心理 , 無料FXコンテンツ > システムトレードがなぜ必要なのか?

システムトレードがなぜ必要なのか?

システムトレードとは、
コンピュータが買いサインを出せば、「買い」、
売りサインを出せば、「売り」というように、
売買サインに従ってトレードする手法です。


なぜ、最近になってシステムトレードというものが言われるようになってきたのでしょうか。

自己流のトレードで勝てるなら、システムトレードというものは必要ありません。


そもそも、勝つ人がいる反面で負ける人がいるから相場が成り立っているということが言えるので、負ける人がいるのは当然ですが・・・。


では、相場で負ける人とはどういう人なのでしょうか。


ちょっと問題を出したいと思います。


まずあなたはこの2択、どちらを選びますか?


 A、100%の確率で1億円が当たる宝くじ

 B、50%の確率で3億円が当たる宝くじ


ほとんどの人がAを選ぶと思います。

わざわざリスクを冒してまで3億円を狙わなくても、1億円あれば上等ですよね。


しかし、トレードをする上での正しい判断はそうではありません。


次の2択です。


 A、100%の確率で1億円を損してしまう宝くじ

 B、50%の確率で3億円を損してしまう宝くじ


どうでしょうか。

一気にBを選ぶ人が増えたと思います。


そうです。合理的でない選択を人はどうしてもしてしまうのです。


上の場合では、確実に取れる1億円を失いたくないがために、Aを選んでしまうのです。


1億円を損失とみなしてしまうのです。


人間は心理的に、


「利益を得るより、同額の損失を被る恐怖を回避する」


また、


「利益が大きくなるほど満足度が減り、損失が大きくなるほど苦痛も減る」

という傾向があります。


これは、
「10億円の利益による満足度は、2億円の利益による満足度の5倍にはなりませんし、
10億円の損失による苦痛は、2億円の損失による苦痛の5倍にはならない」事を意味します。


これをトレードに当てはめると、


・利益が出た時に利益が増えていく満足度よりも、利益を失うことを恐れる傾向がある

・損失を小さい段階で確定することより、損失が膨らんでも、なくなるまで待つ傾向がある


つまり、
「利益は小さく、損は大きく」


また、
自分が買った通貨ペアほど、多少下がっても上がるだろう!、

こんな思い込みがかかりやすくなり、トレンドが変わって下がりだしても損切りができなくなります。


そして、負ければ負けるほど、トレードに使う資金量が増え、一気に取り返そうとして、どんどんギャンブルになっていきます。


普通の心理状態の人ほど、こういう結果になるということです。


そうです。ほとんどの人は、負けるべくして負けているのです。


では、トレードで勝っている人はどういう人でしょうか。


簡単です。

「いかなる時もルールに従ってトレードしている」


トレードの際には感情に左右されず、ただ売買サインに従ってトレードするだけです。

まさにこれが、システムトレードです。


そして、
このシステムトレードを、一流の個人投資家はもちろん、ファンドや機関投資家は有効なものとして認知し、広く取り入れているのは最近ではよく知られた事実です。


ここまで読んでいただいて、思い当たるところがある方は、結構、いらっしゃると思います。


負けている人のほとんどが、トレードに対してのルールがありません。

個人の思い込みで勝ち続けられるほど、相場というものは甘いものではないということです。

人間一人の資産など簡単に奪い去ってしまうほど、相場は恐ろしいものだということをよく理解していただきたいと思います。


それは、プロトレーダーでもよくある事なのです。


その上で、せっかくトレードをするのなら勝たなければする意味がありません。

トレードをする多くの人が、自分は大丈夫だと思い込んで相場の世界に入っていきます。

けれど、負けるんです。


それならば負けないために、
勝つために、真剣にシステムトレードについて考えてみませんか。


記述日: 2009年03月26日

無料FXコンテンツ


チャートマスター式 今日の為替分析
初めての方はこちらから 初めての方はこちらからどうぞ 無料FXコンテンツ 無料FXノウハウ動画

お客様の声

講習会情報 講習会情報

次回の開催予定日


チャートマスタースタッフによるオススメFX書籍
チャートマスター式 今日の為替分析

1月14日の笹田相場

1月14日の相場分析です。

>>続きを読む



東北地方太平洋沖地震義援金報告



My Yahoo!に追加

Add to Google

本サイトでは、ご利用される皆様の個人情報に関わる重要な情報のやり取りをするページには、SSL暗号化プロトコル(通信規約)を使用しています。