FXシステムトレードソフト:投資顧問のPAチャートで為替相場分析:FX投資顧問会社チャートマスター:【PAチャート】一流トレーダー並みのテクニカル相場分析を

ホーム > 無料FXコンテンツ > FX用語 は行

バックテストとは?(英語:Backtesting)

バックテストとは


あるトレード戦略が過去の値動きに対して有効に機能するのか?


を確認するためのテストです。

つまり、過去のデータにおいて、
「~というトレード条件・ルール」でトレードしたら、
どのような結果になるのかを調べるのがバックテストです。

どれくらい勝ち負けがあり、
いくら儲かり、いくら損をしたか、
どれぐらいの期間内で、
いつ売買をして、
何回勝って、何回負けたのか、など
を詳しく検証するためのテストです。


システムトレードではバックテストが、
非常に重要な検証プロセスになります。

その検証の結果、
バックテストで結果の良い条件のトレードを、
システムトレードで採用し、実際にトレードしていく事になります。


しかし、バックテストはあくまでも過去のデータでの結果になります。

バックテストを繰り返し、
過去のデータに極端に合わせた条件でのトレードルールは、
カーブフィッティングになってしまい、
これからの相場に利用できなくなる事が多々あります。



記述日 : 2009年11月19日

ヘッジファンド

金融派生商品を活用して、相場の変動から利益を出す事を目的としている大型ファンド。


個人の大資産家や機関投資家など、少数の大口投資家が多額の資金を出資して

専門家が運用するのが通例。


投資対象は、株、債券、為替、国債商品、不動産など。

記述日 : 2009年11月04日

引受為替相場

輸入者が、外貨で示された為替手形を引き受ける場合、

これを自国貨幣で換算するときの為替相場をいいます。

記述日 : 2009年10月09日

BRICs(ブリックス)

Brazil、Russia、India、China

4か国の頭文字を取って名づけたもの。

米国のインベストメントバンクが投資家向けの

レポートで使ったのがはじまり。

2050年には世界各国の経済規模は、

①中国、②米国、③インド、④日本、⑤ブラジル、

⑥ロシアの順になると予想した。

記述日 : 2009年09月11日

ブルとベア

bull(雄牛=強気)とbear(熊=弱気)は、

市場でよく使われる言葉。買い気(ブル)、

売り気(ベア)という意味合いもある。

ベアシーガルは輸出で売るほうのオプションなので、

ベアがつけられた。

Bullishやbearishという

形容詞も市場では日常的に使われる。

記述日 : 2009年09月07日

ピボット・レート

外国為替相場では

その基準となる相場をピボット(基軸)

レートまたはセントラル(中心)・レートという。

各国が通貨の金平価をいじらないで

新しい対米基準相場を決めることを指します。

記述日 : 2009年07月06日

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタル分析とは

経済成長率、インフレ率、貿易収支などで

表される経済的要因の事です。

このような経済的要因の分析を通じて

為替レートの方向を探る方法です。

記述日 : 2009年06月17日

ビッドレート

外国為替レート(相場)は、市場では買いのレートと売りのレートが

このように(→105.20-22)対となって動きます。

105円20銭でドルを買う、この価格をビッドレート(買値)と言います。

記述日 : 2009年06月16日

無料FXコンテンツ


チャートマスター式 今日の為替分析
初めての方はこちらから 初めての方はこちらからどうぞ 無料FXコンテンツ 無料FXノウハウ動画

お客様の声

講習会情報 講習会情報

次回の開催予定日


チャートマスタースタッフによるオススメFX書籍
チャートマスター式 今日の為替分析

1月14日の笹田相場

1月14日の相場分析です。

>>続きを読む



東北地方太平洋沖地震義援金報告



My Yahoo!に追加

Add to Google

本サイトでは、ご利用される皆様の個人情報に関わる重要な情報のやり取りをするページには、SSL暗号化プロトコル(通信規約)を使用しています。