FXシステムトレードソフト:投資顧問のPAチャートで為替相場分析:FX投資顧問会社チャートマスター:【PAチャート】一流トレーダー並みのテクニカル相場分析を

ホーム > 無料FXコンテンツ > FX用語 あ行

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

日本で昭和初期に考案されたチャート分析手法。

基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つを使って作成する。


いろいろな読み方ができるが、たとえば基準線を転換線が下から上へ抜けると買い、

上から下へ抜けると売りになる。

記述日 : 2009年12月22日

一部無為替(いちぶむかわせ)

輸出品の代金の一部が無為替で行なわれること。

記述日 : 2009年11月05日

一部裏書(いちぶうらがき)

手形金額の一部についてなされる裏書で、一部裏書の部分のみ無効となるのではなく、

その裏書全部が無効となる(手形法第12条第2項)。

記述日 : 2009年10月27日

一部引受(いちぶひきうけ)

手形の引受人(支払人)が

手形金の一部を引受けることをいう(手形法第26条)。

記述日 : 2009年10月22日

安定化協定

The Stability and Growth Pact(安定と成長の協定)だが、安定化協定と略すことが多い。


ここで求められる財政赤字の限度額をフランスやドイツだけではなく、

イタリアやギリシャも越えており、

ギリシャには最初から財政赤字の数字を粉飾していたのではないかという批判がある。

記述日 : 2009年10月21日

オプションの基本形

オプションの基本形は、コールの買いと売り、プットの買いと売りの4種類。


複雑そうに見える商品でも、分解すればこの基本形に分けられる。


逆にいえば、この4つの基本形を組み合せて、

それに行使価格や金額を変えたりすることで、多様な商品を作り出せる。

記述日 : 2009年10月20日

後払方式

取立(Reimbursement)方式。


送金為替の支払資金の求償方式として、

被仕向銀行が支払実行後に仕向銀行に求償する方式をいう。

もっぱらノン・デポ取引となる。

記述日 : 2009年10月16日

アライバル・ビル

貨物の到着後に支払われる為替手形。

約定品が到着したうえ船積書類と引換えに支払われる条件の手形をいう。

記述日 : 2009年10月09日

アジア通貨危機

97年のタイバーツの切り下げに端を発した通貨危機。

多くのアジア諸国の通貨が売られ、
通貨の切り下げや通貨制度の変更を余儀なくされた。
経済のみならず、政治や社会の混乱も招いた。
自国通貨の買い支えのため外貨準備を使い果たし、デフォルト状態に陥った国もあった。

記述日 : 2009年09月30日

ATM (アットザマネー)

ATM(アットザマネー)は、市場レートが行使価格と

同じ100円の時の状態をいいます。

ドルコール円プット、行使価格100円のオプションで

市場レートが1$=100円であれば、ATM

(アットザマネー)となります。

記述日 : 2009年09月16日

ITM(インザマネー)

ITM(インザマネー)は、市場レートが行使価格より

高い時の状態をいいます。

ドルコール円プット、行使価格100円のオプションで、

市場レートが$1=110円であれば、ITM

(インザマネー)となります。

記述日 : 2009年09月14日

円建て輸出(えんだてゆしゅつ)

輸出入りはドル建てが一般的だが、

日本の輸出には円建ての割合も多い(約4割)。

円建てなら日本の輸出業者には為替レートの

リスクはなくなる。とはいえ、

外国の輸入業者が円を手当てするために外貨(ドル)

売り円買いをするから、為替レートには同様の影響がある。

記述日 : 2009年09月11日

委付(いふ)

Abandonment.委付には保険委付と免責委付がある。

① 船舶保険においては、全損ではないが、船舶の修繕不能のように、

被保険者にとっては経済的に全損同様の状態におちいることが

よくあるばかりではなく船舶の行方不明のように、

全損になったことがほぼ確実であるのに、

その証明がつかないような事態が起こりがちである。

保険委付とはそのような場合に、保険の目的物をあたかも

全損にかかったものとみなして、被保険者にいち早く

資本回収の道をあたえるものである

(商法第833条、834条、839条1項)。

② 免責委付とは、船舶所有者が海産(注参照)の

権利を債権者に移転し、その限度において責任免除を

うける行為をいうのであって、相手方のある単独行為である。

一定の法律効果を生ずるから委付権は形成権と解される

(商法第712条、715条)。

(注) 「海産」とは、船舶所有者が、

その負担する特定の債務につき、それを委付して

免責を受けることができる財産の総体をいう。

記述日 : 2009年09月07日

円高、円安

円貨の対外価値が高くなるのが円高

逆に低くなるのが円安である。

これには実勢相場に対していうときと

基準相場についていう場合がある。

記述日 : 2009年09月03日

役務賠償(えきむばいしょう)

賠償支払方法の一つ。賠償の支払いには① 現金賠償

② 現物賠償、③ 役務賠償があるが、第二次世界大戦の

賠償の特徴は役務賠償が登場したことである。

これは、賠償国が賠償請求国に技師や労働者を送って

その国の開発計画に任務を提供したり、請求国から

受けとった原料を加工して引渡すことなどが含まれる。

記述日 : 2009年09月02日

一覧払い為替相場(いちらんばらいかわせそうば)

為替銀行が、一覧払いで振り出された外貨表示の輸出手形を

輸出者から買い取るとき、また外国輸入者から振り出された

一覧払いの外貨輸入手形を、輸入者に売り渡すときの

為替相場をいう。

記述日 : 2009年09月01日

売り相場と買い相場

為替銀行が顧客に外貨を売る相場

(Selling rate)のことを売相場という。

たとえば電信売相場、参着払相場などがある。

これに対して、顧客から外貨を買う相場

(Buying rate)の買相場をいう。

たとえば、電信買相場、一覧買相場などがある。

記述日 : 2009年08月28日

預かり円

手数料や値引き金などを対外送金せずに

国内で保留して、国内でその外国商社に

利用されるものをいう。

記述日 : 2009年08月26日

MMF

マネー・マネージメント・ファンドの略。

安全性と流動性に優れた追加型の

公社債投資信託の一種です。

1円以上1円単位で購入でき

毎日、分配金が計算されるのが特徴です。

記述日 : 2009年08月19日

一覧払い信用状(いちらんばらいしんようじょう)

覧払信用状(Sight credit)というのは

一覧払手形の振出を要求し

手形の呈示があれば発行銀行が直ちに

決済する条件のものをいい

現金信用状ともいわれる。

記述日 : 2009年08月19日

円建て(えんだて)

輸出の場合に日本の貨幣の円をもって

売値が表示されること

輸入に場合に荷為替手形が

円貨で表示されることをいう。

記述日 : 2009年08月17日

オファーレート

外国為替レート(相場)は

市場では買いのレートと売りのレートが

このように(→105.20-22)対となって動く。

105円22銭でドルを売る

この価格をオファーレート(売値)と言う。

記述日 : 2009年08月14日

委託買付(いたくかいつけ)

Indent.

商品などの供給国から直接購入の便がない場合に

その買付を在外専業者に手数料を払って

買付けてもらうことをいう。

記述日 : 2009年08月05日

インボイス(INVOICE)

インボイス(INVOICE)とは、一般的には商業送り状の事で

売買契約の条件を正当に履行した事を売主が買主にあてた

積荷の明細を示した出荷案内書の事。

通関時や銀行の買取などで必要とする船積書類のひとつ。

インボイス(INVOICE)には、通常、運送貨物の明細

数量、単価、合計金額、積出地、仕向地、船舶名、船積日

荷印などが記載され、売主が署名する。

インボイス(INVOICE)は、貨物の内容及び代金請求権の

根拠を示す重要なものであり、各種書類を一体化する役目を持ち

船荷書類や保険証券と並んで、重要な船積書類である。

また、輸出入申告でも、インボイス(INVOICE)は

必要とされており、日本国の関税法(第68条)

関税法施行令(第60条)では、”仕入書”と記され

必須記載事項とされている。

記述日 : 2009年08月04日

インデックス型

主な株式指標に連動し

株式市場全体の動きを促える運用成果をめざす投信。

記述日 : 2009年07月31日

アスクレート

金融商品を売ってもらうときの値段。

売買の量等によって値段が異なる場合がある。

記述日 : 2009年07月29日

円建て外債(えんだてがいさい)

非居住者が円建て、円払いで発行する債券のうち

我が国の市場において発行されるものを円建外債といい

一方我が国以外の資本市場で発行されるものをユーロ円債と呼んでいる。

記述日 : 2009年07月27日

預り証券

預り証券とは倉庫営業者が貨物の預け主(寄託者)の

請求によって発行する「受託貨物の預り証」のことをいうのである。

わが国商法では倉庫業者は預け主の請求によって預り証券のほかに

預け主が寄託貨物を質入するために必要な質入証券の

発行を認め(商法第598条)さらにこの預り証券と質入証券を

一券にした倉庫証券の発行を認めている(商法第627条第1項)

倉荷証券は一般用語として倉庫証券と呼ばれ

現在預り証券と質入証券の発行はほとんど行われず

もっぱら倉庫証券が発行されている。

記述日 : 2009年07月24日

インパクトローン

インパクトローンとは

外国為替銀行が移住者に対して取り組む使途に

制限の無い外貨貸付である。

以前は、在日外国銀行に限り利用されていたが

1980年の外為法の改正後は邦銀が自由に取り組めるようになった。

記述日 : 2009年07月15日

円為替(えんかわせ)

外国為替には自国通貨建と外国通貨建の二つがあるが

自国通貨権、すなわち円建の外国為替のことをいう。

円為替には、電信為替、為替手形、送金小切手のように

国際間の決済または資金移動の手段、仕組をいう場合と

外国における円の売買がある。

通常は前者の意味に使用される。

記述日 : 2009年07月13日

インベストメントバンク(Investment Bank)

インベストメントバンクとは

一般に「投資銀行」といわれるが

具体的には欧米の巨大証券会社を指すことが多い。

多数の顧客を抱え、株式や社債の引き受けなど

市場を通じた企業の資金調達の仲介役

企業のM&Aなどのコンサルティング業務を行なう会社。

銀行市場に参加する会社もあるが

マーケットメーカーにはならずに

銀行の顧客として市場に参加している会社もある。

直訳すると、投資銀行となるが

日本では証券会社の業務である。

記述日 : 2009年07月10日

インターバンク市場

銀行と銀行の間で取引が行われる市場のこと。

外国為替市場という場合には通常、ここを指します。

これに対し、銀行が顧客に対して取引を行うのが対顧客市場です。

銀行が顧客との取引で生じた為替持高のカバー、

銀行自体の意図的持高操作を行う。

金融機関、ブローカー(仲立人)

中央銀行で構成されている。

記述日 : 2009年07月08日

インカムゲイン

インカムゲインとは

「低金利通貨を売り、高金利通貨を買う」ことで

スワップ金利収入を得る事。

外国為替証拠金取引(FX)では

通貨の組み合わせによりスワップ金利は異なる。

取引の特性から、より安い金利通貨を売り

より高い通貨金利を買うと利益が大きくなる。

記述日 : 2009年07月01日

委託販売輸入(いたくはんばいゆにゅう)

海外取引先の委託を受けて貨物を輸入して

国内でそれを販売し、その代金を委託者に

支払って手数料を受領する輸入貿易をいう。

記述日 : 2009年06月26日

委託販売貿易(いたくはんばいぼうえき)

Consignment deal

輸出の場合は国内のメーカーまたは貿易業者(販売委託者―Cosignor)が

海外の商社(販売受託者―Consignee)に商品の販売を委託することをいう。

一定の手数料(Commission)が支払われるが

売残りの分は委託者に積戻すのが原則である。

輸入のときは反対に輸入とともに商品販売の委託をうける。

記述日 : 2009年06月11日

委託加工貿易(いたくかこうぼうえき)

Processing deal.委託加工貿易とは

国内の業者が海外の業者から無為替輸入により原材料等の供給を受け

これを国内において加工し、加工製品を海外の業者に引渡し(無為替輸出)

加工賃等の受領することを決めた契約をいう。

この場合において原材料等を供給し、加工を依頼する者を委託者

反対に加工を引受ける者を受託者という。

委託加工貿易契約には上記と逆のケースつまり海外の相手方(受託者)に

加工される貨物を供給し、加工後、製品を委託者が引取り

加工賃を受託者に支払う契約をも委託加工貿易として取扱うこととなっており

これを逆委託加工貿易という。

なお、昭和55年12月1日以降、逆委託加工貿易による貨物のうち

特定の加工に使用される特定の原材料の輸出に限り

通産大臣の承認が必要である。

記述日 : 2009年06月11日

アウトライト取引

直物を売ると同時に、先物を買う。

又は、直物を買うと同時に先物を売る。

という取引をスワップ取引といいますが

アウトライト取引は、その反対で

単なる直物や先物の取引を行なう事いいます。

記述日 : 2009年06月10日

アウトライト

利ざやを目的として

先物予約取引や直接取引きを行い

価格の上昇又は下降によってのみ

利益を獲得する取引をすること。

記述日 : 2009年06月10日

上がる、下がる

「円が上がる」という場合、一般的には円高(ドルの下落)を意味するが

外為市場ではドル/円が上がる(ドル高)という意味で使われることが多い。

ドル/円のドルを省いているわけで、為替ディーラーの会話ではこの方が一般的。

記述日 : 2009年06月09日

アービトラージ

相場の値鞘(ねざや-価格差)を利用して利益を得る取引を

「アービトレイジ(裁定取引)」と呼ぶ。

2つの市場間で同一の商品を取引すると、それぞれ価格が異なることがある。

商品が割高になったものを売って同時に割安なほうを買うという取引方法。

理論上は、ノーリスクで利益を得る事が出来るが、

この理論に基づいてレートが建つのは、

規制が無く資本移動が自由に行なわれる市場においてのみである。

同義語:アービトラージ、アービトレージ

記述日 : 2009年06月05日

無料FXコンテンツ


チャートマスター式 今日の為替分析
初めての方はこちらから 初めての方はこちらからどうぞ 無料FXコンテンツ 無料FXノウハウ動画

お客様の声

講習会情報 講習会情報

次回の開催予定日


チャートマスタースタッフによるオススメFX書籍
チャートマスター式 今日の為替分析

1月14日の笹田相場

1月14日の相場分析です。

>>続きを読む



東北地方太平洋沖地震義援金報告



My Yahoo!に追加

Add to Google

本サイトでは、ご利用される皆様の個人情報に関わる重要な情報のやり取りをするページには、SSL暗号化プロトコル(通信規約)を使用しています。